読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生エンジニアはどう成長するのが幸せなのか

自分は学生*1になる前からある程度エンジニアとしての素養、というかプログラミングの基礎教養みたいなものを学んではいたが、どう学ぶかについてはあまり考えて来なかった、というか学びたいものを好きなように享受できるままに学んでいたが、学生のうちにエンジニア的な素養や技術を自分が見てきた優秀な皆さんがどうやって身につけたのかが気になる次第です。

実際のところ、自分のそういった能力の変遷としてはやはり、現在のアルバイト先で働かせて頂いたりして、その過程で知る知識や技術や実際のコーディングなどを受けて、この2年で相当に伸びたのかなあとは思っています。

ところで、個人差はあるが、独学だけでプログラムや情報科学的なことをやるのはとても厳しい。

特に、そういった何かしらの制作活動や仕事みたいなものに参加しやすい環境にいない学生は技術について知る機会や知るインセンティブに乏しい。

そうなるとやっぱり何をしていいかわからなくなりがちというものがあって、学生のうちに技術で幸せになるのがどんどん難しくなる。

かと言ってエンジニア職のアルバイトに行ってうまく適性を発揮してやっていけるかというのも微妙ではある気がする。

自分は良い企業にお世話になって勉強させてもらっていて、いつの間にかなんかクソでかいビル*2に月一でMTGしに行くような仕事を受け持つことになったりしていて、本当にありがたいんですが、そういう感じではない企業というのも当然あると思うのでそこは難しいと思います。

経験は無いけど、やっぱり地雷みたいな会社はある程度存在するので、そういうところを引かないでやっていくのが良いのかなあという感じがある。*3

なんだかんだ言ってコードを書け、というのが正論なんだけど、大学入学以来そういうこと以外にあまり興味が無く、学友をあまり作らなかったり、学科で1人になっていたりして、挙句は知らん奴に馬鹿にされる羽目になったりしてるので、あまり技術に固執しないほうが幸せ度は高いのかもしれないですね。自分はこういう世界以外の趣味に乏しくて、それを楽しんでるのでこうしか生きられなかったわけですが。

とりあえず自分より若くてエンジニアになりたくて既にプログラミングの基礎学び始めてる人、これから学ぶ人に参考にしてもらいたいのは

  • 早いうちから何らかの技術的な活動(GitHubとかになんかあげるでもOSS活動でも)をすること
  • それを武器に早いうちから何らかの企業でアルバイトやインターンなどで仕事を経験する(名前が知れている企業やその関連会社だと地雷は踏みにくいとは思います)

あたりをして置くと良いのかなあと。周りの優れた学生エンジニアはそういう人多い気がします。

ただこれはあくまで成長戦略的な話で、まずは

  • 技術に興味を持って誠実であること
  • 技術を楽しむこと
  • 技術を身につけることを喜ぶこと
  • 技術を求めること

を大事にするのが一番だと思っている。

ただプログラミングに全振りして学業やらないのはリスキーなのでちゃんとしないとヤバそう*4

最近ggcの人が「友達がいないから手放しに褒められて勘違いして痛い目見る」みたいな新作を上げていましたが、問題はそこじゃ無くて技術や自分の成長に誠意を持っていないことなんですよね。首が痛くならない程度に上を見続けましょう。まずはできるところから高めて勝負して行って、適性があまりなさそうな部分は曖昧にしつつうまく誤魔化したり人に頼ったりしましょう。

文章的にはゴチャゴチャしてて最悪だけど、書きたいことは大体かけたかな、ひとまずこれで以上です。

自分も色々やりたいので周りの人が巻き込んでくれると嬉しいなという気持ちもあるので、みなさんうまくやっていきましょう。

色々雑にやりたい人向けの敷居の低いイベントとしては #kusoDevBattle というハッシュタグでやってる、クソサイト開発バトルとかいうハッカソンを主催してるので、もっと人に手伝いとかしてもらいたいし参加してもらいたいのでよろしくお願いします

 

*1:ここでは大学生及び高専生の法的な定義を指す

*2:日本橋にあるアレ

*3:これは完全に余談だが、昔面接を受けた「うちに入るのは東大入るより難しい」と豪語していたり、デバッガ使うのにショートカット使わんと時間の無駄みたいなこと言ってくる会社があって、絶対ここは辛い会社だなというふうに思ったところがあります

*4:自戒