読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MysticDollアドベントカレンダー8日目

ノリだけで続けてきたこれ、周りに周知することを放棄しているので普通に自分だけが書いています。

自分の友達は割とシャイな人が多いしそういうことですね。

今日はプログラミング遍歴みたいなものを書きます、

はじまり

父親*1がいるんですが、彼にVB6を実演された時が始めなんじゃないかなあと思います。

これが小6くらいのころで、実を言うとRedHatみたいなOSを幼少期から見せられていて、多分そのおかげでLinuxへの抵抗が他の人に比べて薄かったんかなあって感じもある。

実際にプログラミング始めたのは中学生なってからで、親にVisual Studio2005を入れてもらって、フォームアプリケーション作ったりして遊んでました。

当時は多少文法とかはやったんですけど、配列は知らなかったしクラスも知らなかったしオブジェクト指向の考えなんかオブジェクト指向入門っていうオーム社の本を読んでなんとなく知ってる、くらいの感じでした。

本格的?にやりはじめるとき

高校3年生になって、受験勉強の合間にTwitter4J使ってJavaTwitterクライアント書こうと思ったので、Java触ったりしてました。

このときなんとなくクラスとかオブジェクト指向を理解し始めて、その後ひなビタのホームページの音源をmp3わざわざダウンロードしたくないモチベーションからJavaScriptブックマークレット作ったりして、そこでJavaScriptの手軽さで遊び始めたと思います。

その後

大学入ってしばらくはプログラミングの講義サボったりしてドヤ顔してたんですが、そんなにそれ以上進むこともなく、ConoHaでVPS借りて遊んだりしたり、Node.jsで変なの作ったりして遊んだりするくらいでした。

それで学部1年の2月に今のバイト先の会社にバイトで入って、JavaScriptとかCoffeeScriptとか本格的にやり始めました。

自分的にはバイト始めたての頃はプログラミング出来なかったくらいの気持ちでいて、今2年くらい経ってようやくまともになってきたという感じです。

コードを書くことが増えると感覚が身につくので、だいぶ他言語も触れるようになってきて、仕事で触ったPHPとか、ふざけて触ったC++とか、初心者くらいには書けるようにはなりました。

Linux関係はやはり(@_7iva)の影響でArch触り始めてからいろいろ興味が出たりガンガン触ったりとか出来るようになってきて楽しい感じです。技術的にいろいろできるわけじゃないけど、比較的触れるようになって楽しい〜って感じ

これから

今まで触ってきたやつだけじゃなくていろいろ裾野を広げたいと考えている。

そういう意味だとECMAScriptの動向追ったりとか、やったことない言語触ったりとか、サービス作ったりとかバイト頑張ったりとか、いろいろ方向はあるかな。

就活するにしても入院するにしても、自分の技術広げたり、知見積んだりみたいなことができる環境に行きたいなあ思ってる

*1:50代エンジニア、コボラーだったりネットワークやったりいろいろやってるみたい