インターネットハンドスピナーをつくった

ハンドスピナー これ

経緯

概要

ハンドスピナー的なものを適当に作った、途中途中正規表現をミスったり雑にsetIntarvalしたりしてたせいでデバッグしにくかったりしんどかったが、割となんとかなった。

仕組み

雑にタッチやらクリックやらの動きをハンドリングして、中心からの角度の余弦関数の値を余弦定理で求めて逆余弦関数使って弧度法で角度出す、それっぽい感じにCSStransform:rotate(\d+rad)で設定する。いい感じになる。

ハンドスピナーなので、真面目に物理計算をしようと思ったが、高校物理を思い出しているうちに面倒になってきたので雑な実装に切り替えた。

座標計算とかはクラスにしていい感じにカプセル化隠蔽。なんでPointっていうクラス名なのかはよくわからんが、普通に考えたらVectorな気がしたが気にしないことにした。

また、ベクトル外積使って回転方向求めるやつでy軸の方向が違うから混乱した。

github.com

とりあえずクソリポジトリが増えました。こちらからは以上です。