Arch Linuxで充電中のiPhoneを再接続すると充電が再開されない問題がわかった

なんかよく考えればすぐわかったんですが、usbmuxdサービスが悪いっぽくて、コイツを再起動すると充電再開してくれます。

一度切断するとデバイスの各種属性などが神隠しにあったりするんですが、いい感じのudevルールを書いてsystemctl restart usbmuxd.serviceするとよさそう